風営法の許可申請手続きのご依頼は風俗専門のトミタ行政書士事務所にお任せください。営業エリア:埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県

埼玉県行政書士会・川口支部所属

風俗営業許可専門 トミタ行政書士事務所

埼玉県川口市弥平1丁目12番30号 川口サンハイツ503号室

受付時間:8:30~19:30(土日・祝祭日もご対応可能です。)

初回無料相談実施中

お気軽にお問合せください

受付時間 8:30~19:30

048-224-9017

バー・ガールズバー・パブ・居酒屋・開業マニュアル

深夜酒類提供飲食店・店内の構造設備要件

風営法において定める営業所の構造・設備の要件(基準)は、次のとおりです。

  1. 客室の床面積は1室9.5㎡以上あること。

    但し、客室が1室のみの場合は、この面積要件は適用されません。

    1つの営業所を2室に分けたい場合や、VIPルームなどの個室を設けたい場合は、上記既定の床面積を確保することが必要です。
  2. 客室の内部に「見通しを妨げる設備(遮蔽物)」を設けないこと。

    具体的には、高さ1メートル以上の間仕切り、パーテーション、グラス棚、スタンドライト、観葉植物などが該当します。

    床に設置するものだけではなく、天井からぶら下げるタイプの照明器具なども見通しを妨げる場合は、遮蔽物に該当する可能性があります。
  3. 善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれがある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと。

    具体的には、人の裸体が写っているポスターなどが該当します。
  4. 客室の出入口に、施錠の設備(ドアロック)を設けないこと。

    但し、営業所の外に直接通じている構造の客室のドア(店の出入口のドア)は除く。

    客室内にVIPルームなどの個室を設けた場合でも、その個室のドアに鍵を付けることは出来ません。
  5. 営業所内の照度(明るさ)が20ルクス以上あること。

    20ルクス以下である場合は、照明設備の増設、電球を交換するなどの対策が必要です

    照明設備の明るさを調整する「調光器(スライダックス)」は設置出来ません。
  6. 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持できる構造設備を有すること。
  7. ダンスをするための構造設備を設けないこと。

    歌やダンスなどのショーを行う店で、外国人タレント等を招聘したい場合には出入国難民認定法等の規定により、営業所に13㎡以上の広さのステージや9㎡以上(5名を超える場合、増加1名につき、1.6㎡を加えた面積)の広さがある控室が必要です。

深夜酒類提供飲食店

バー・ガールズバーなどの営業開始届出手続き

地域要件

深夜酒類提供飲食店の営業禁止地域

必要書類・図面

届出手続きに必要な書類・図面

お問合せはこちら

トミタ行政書士事務所のホームページをご覧頂きありがとうございます。
初めて風俗営業の許可申請、届出手続きをされる方はご不明な点も多いと思いますが、どうぞお気軽にお問合せ、ご相談ください。

お問合せ、ご相談はお電話又はメールにて受け付けております。

048-224-9017

受付時間:8:30~19:30
土日祝祭日もご対応させて頂きます。

メールでのお問合せについては、原則として24時間以内に返信メールを送信させて頂きます。

インフォメーション

埼玉県行政書士会
川口支部所属
風俗営業許可専門
トミタ行政書士事務所
行政書士 富田 篤史
登録番号:08130900号

営業時間

8:30~19:30
土日・祝祭日もご対応させて頂きます。

営業エリア

東京都、埼玉県、千葉県、
神奈川県の一都三県です。

お問合せはこちら

048-224-9017

メールでのお問合せは24時間受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。