風営法の許可申請手続きのご依頼は風俗専門のトミタ行政書士事務所にお任せください。営業エリア:埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県

埼玉県行政書士会・川口支部所属

風俗営業許可専門 トミタ行政書士事務所

埼玉県川口市弥平1丁目12番30号 川口サンハイツ503号室

受付時間:8:30~19:30(土日・祝祭日もご対応可能です。)

初回無料相談実施中

お気軽にお問合せください

受付時間 8:30~19:30

048-224-9017

ゲームセンター・カジノ店・遊技場開業マニュアル

ゲームセンター・カジノゲームその他遊技場の風営法許可申請

風営法で定める許可の要件、管理者の選任、変更手続きなどについて詳しく解説。

ゲームセンター・その他遊技場を開業するには

ゲームセンターその他遊技場の営業は、風営法により「5号営業・遊技場」と定義付けされており、営業を行うためには、営業所を管轄する各都道府県の公安委員会から風俗営業許可(5号営業許可)を取得することが必要となります。

※5号営業という呼び名は、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)第2条第1項の第5号で営業形態を下記のように定義付けされているため、このように呼ばれています。

遊技の内容や趣向により風営法規制の対象となる遊技及びゲーム機がある一方、対象外とされるものもあります。
判断の基準としては、主として客の射幸心をそそるおそれがあるか否かで分かれます。

(対象となる遊技・ゲーム機)
スロットマシン、その他遊技の結果がメダル等の数量で表示される構造の遊技設備
テレビゲーム機(勝敗を争うことが目的の内容又は遊技の結果が画面に表示されるもの)
フリッパーゲーム機
ピンボールゲーム機
UFOキャッチャー等
ルーレット台、トランプ台を使用する各種ルーレット競技、トランプ競技など

(対象外の遊技・ゲーム機)
ビリヤード、ボーリング、バッティングセンター、プリクラ機、占いゲーム機、ガチャガチャ(カプセル容器玩具自販機)、ピッチングゲーム機(投球速度計測ゲーム機)、モグラ叩き、パンチングゲーム、ドライブシュミレーションゲーム機、フライトシュミレーションゲーム機

(シュミレーションゴルフ)
シュミレーションゴルフ(バーチャルゴルフ)は対象となる遊技設備に該当するが、ゴルフ場やフィットネスクラブなどのスポーツ施設で、レッスンプロやインストラクターによる指導を受けながら使用する場合などは対象外と判断され、風俗営業許可(5号営業)は必要ありません。

(ショッピングモール等のゲームコーナー)
旅館、ホテル、ショッピングモール等に設けられているゲームコーナーに関し、風俗営業許可(5号営業)の取得が必要か否かについては、ゲームコーナーの床面積が、店舗のフロアの床面積全体の10パーセントを越えなければ、風俗営業許可(5号営業)は必要ありません。

許可取得・3つの要件

①人的要件(許可が取れない人)

風営法第4条第1項において、申請者(法人の場合は役員の方全員)について身分上の制限や過去の違法行為に関する欠格事由を定めており、これに該当すると許可を取得できません。

人的要件の解説ページへ

②地域要件(許可が下りない地域)

風俗営業許可は、どの場所やどの地域でも取得できる訳ではなく、営業所の所在地に関して、「用途地域の規制」及び「保護対象施設からの距離制限」といった要件が風営法により定められています。
この要件の詳細は、各都道府県ごとの条例により異なります。

③設備要件(店内の構造・設備規定)

営業所内の構造及び設備についても風営法による規定があり、店内の見通し、照明設備の明るさ(照度)などの要件をクリアする必要があります。

設備要件の解説ページへ

法人(会社)名義の許可申請

風俗営業許可の申請は個人だけではなく法人(株式会社、合同会社など)でも可能です。
法人で許可を取得する場合は、役員の方全員が人的要件(欠格事由)をクリアしていることに加え、定款及び法人登記簿の「事業目的」の欄に許可営業に関連する項目(例:ゲームセンターその他遊技場の経営)の記載が必要となります。

株式会社設立・解説ページへ

許可申請に必要な書類及び図面

申請手続きの際は、許可申請書の他、申請者の身分関係の書類、営業所の平面図等の図面類、その他証明資料などの多くの添付書類が必要となります。
提出書類は、個人申請と法人申請では一部異なります。また、各都道府県(公安委員会)ごとでも一部異なります。

必要書類・図面の解説ページへ

管理者の選任

風俗営業許可を取得して営業する場合、営業所ごとに管理者を1人選任する必要があります。
管理者とは、営業所における業務の実施を総括管理する者を意味します。
例:店長、支配人、ホール責任者、フロアマネージャーなど

管理者選任の解説ページへ

飲食物の提供サービスをする場合

営業所内で、お客に対し、飲み物をグラスに注いで提供する場合やカップラーメンにお湯を注いで提供するサービスを行う場合は、これらの行為は飲食物を「調理」する行為に該当するため営業所を管轄する保健所で「飲食店営業許可」を取得する必要があります。

缶やペットボトルの自動販売機を置く場合、箱や袋に入ったお菓子をそのまま提供する場合、お客が自ら飲食物を持ち込む場合、店外の飲食店から出前を頼む場合などは「飲食店営業許可」は不要です。

飲食店営業許可の申請は、風俗営業許可の申請前に行う必要があります。
東京都の場合は、風俗営業許可の申請時に「飲食店営業許可書」のコピーが必要です。
埼玉県、千葉県、神奈川県の場合は、「飲食店営業許可書」の交付前でも申請書(受領済み)のコピーがあれば、申請可能です。

飲食店営業許可の解説ページへ

申請手続きのスケジュール

許可の申請手続きは下記の手順で行います。

  1. 営業所の所在地を管轄する警察署(生活安全課)に「風俗営業許可」の申請をする。
  2. 公安委員会(県によっては所轄警察署)による営業所の構造・設備検査を受ける。
  3. 「風俗営業許可」取得、営業開始。※許可申請日から55日以内

営業所内で、調理を必要とする飲食物の提供をする場合は、風俗営業許可の申請前に、下記の手順で「飲食店営業許可」の申請手続きを行います。

  1. 営業所の所在地を管轄する保健所・食品衛生課に「飲食店営業許可」の申請をする
  2. 保健所による営業所の構造・設備検査を受ける。
  3. 「飲食店営業許可」取得。

許可取得後の変更手続き

許可の取得後、お店の名前、ゲーム機の増設、許可取得者の住所、管理者の交代などの
変更があった場合は、変更後、一定期間内に「変更届」を提出する必要があります。
但し、営業所内部の構造変更や許可の承継手続き(相続、法人の合併・分割)の場合は、
変更前に公安委員会への承認申請手続きが必要となりますので、ご注意ください。

各変更手続きの解説ページへ

許可の承継手続き(相続、法人の合併・分割)

相続による承継

個人許可は、許可取得者のみに与えられた権利ですので、他人に譲渡することは出来ません。
但し、許可取得者が死亡した場合、死亡後60日以内に「相続承認申請手続き」を行えば相続人に営業許可を引き継ぐことが出来ます。

相続承継の解説ページへ

法人の合併・分割による承継

法人許可の場合は、会社の合併又は分割により、吸収合併又は新設合併する会社及び
吸収分割又は新設分割する会社に営業許可を承継させることが出来ます。
この場合は「合併承認申請手続き」又は「分割承認申請手続き」が各々必要になります。

合併・分割承継の解説ページへ

営業上の義務、その他注意点

従業者名簿の備付け義務

営業所には、お店で働いている従業者の氏名、住所、生年月日等を記載した従業者名簿の備付けが義務付けられています。
従業者名簿の作成、記載、備付け義務に違反した場合は、処分・罰則の対象になりますので、厳格な管理が必要となります。

従業者名簿の解説ページへ

営業時間の制限

風俗営業許可取得店の営業時間は、日の出時から午前0時までと定められています。
但し、午前1時まで営業できる特例地域が各都道府県の条例により定められています。

従業者及びお客の年齢制限

18歳未満の者を従業者(お客と一緒にゲームをする業務など)として雇用することは
出来ません。

18歳未満の者を午後10時以降、営業所に客として立ち入らせることは出来ません。

上記の他、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の各都道府県の条例により、16歳未満の者を午後6時以降、客として営業所に立ち入らせることを禁止しています。

また、18歳以上であっても20歳未満であれば営業所内での酒類と煙草の提供は禁止です。

外国人の雇用

外国人の方を従業者として雇用する場合、在留資格に制限があります。
雇用できるのは、①永住者、②日本人の配偶者等、③永住者の配偶者等、④定住者の在留資格をお持ちの方に限定されています。

禁止事項・罰則

風営法においては、営業を行う上での禁止事項及び違反行為に対する営業停止や許可の取り消しなどの厳しい処分・罰則が定められています。

禁止事項・罰則の解説ページへ

営業を廃止したとき

風俗営業を廃止した場合は、廃業日から10日以内に公安委員会に対し、営業許可証と
管理者証を添えて「返納理由書」を提出し、営業許可を返納しなければなりません。
※埼玉県の場合は「返納理由書」と共に「風俗営業管理者証返納事由書」の提出します。

飲食店営業許可も同様に、営業許可書を添えて「廃業届」を管轄保健所に提出します。

報酬・費用

許可申請についての報酬及び費用は下記のとおりとなります。

ゲームセンター・カジノその他遊技場の風俗営業許可申請手続き
報酬額¥18万3600円(税込み)
風俗営業許可・申請手数料¥2万4000円

その他の費用(住民票、建物登記簿など)

¥1500円

合  計¥20万9100円

「飲食店営業許可」も併せて取得される場合は、別途・報酬3万2400円(税込み)及び申請手数料1万8300円が必要となります。

飲食店営業許可の申請手数料は下記のように地域別で異なります。

 東京都港区、埼玉県、千葉県:1万6千円
 神奈川県:1万8千円

その他の費用については、法人申請の場合、申請者と管理者が別の場合、各都道府県ごとで添付資料が異なる、といった理由により変動致します。(概ね2千~3千円程度)

報酬・費用に関し、ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

048-224-9017

受付時間:8:30~19:30 ※土日祝祭日もご対応させて頂きます。

人的要件

風俗営業許可を取ることが出来ない人

地域要件(東京都)

東京都内の風俗営業許可が下りない地域

地域要件(埼玉県)

埼玉県内の風俗営業許可が下りない地域

地域要件(千葉県)

千葉県内の風俗営業許可が下りない地域

地域要件(神奈川)

神奈川県の風俗営業許可が下りない地域

設備要件

風営法で定める店内の構造・設備要件

お問合せはこちら

トミタ行政書士事務所のホームページをご覧頂きありがとうございます。
初めて風俗営業の許可申請、届出手続きをされる方はご不明な点も多いと思いますが、どうぞお気軽にお問合せ、ご相談ください。

お問合せ、ご相談はお電話又はメールにて受け付けております。

048-224-9017

受付時間:8:30~19:30
土日祝祭日もご対応させて頂きます。

メールでのお問合せについては、原則として24時間以内に返信メールを送信させて頂きます。

インフォメーション

埼玉県行政書士会
川口支部所属
風俗営業許可専門
トミタ行政書士事務所
行政書士 富田 篤史
登録番号:08130900号

営業時間

8:30~19:30
土日・祝祭日もご対応させて頂きます。

営業エリア

東京都、埼玉県、千葉県、
神奈川県の一都三県です。

お問合せはこちら

048-224-9017

メールでのお問合せは24時間受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。